Q1.リタイアまでに必要な金額はいくらくらい? by 日本橋FP 青柳仁子

2009.11.19 Thursday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO? 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

***********************************************************************************

 皆さん、こんにちは。
 本日よりメールマガジンを始めます。
 
 今日の日本橋は、冷たい雨。
 気付けばもう11月も半ばですから、寒さは当然ですね。
 窓を開けて冷たい風を入れると、身が引き締まる感じがします。  

 さて、記念すべきメルマガ第一回目は、
 Q1.リタイアまでに準備するお金ってどのくらい?
 という疑問です。

 投資を始める前提となる将来のお金のことですが、実際にはあまり知られてません。
 たくさんいるよね、という程度では、何の準備も出来ないのです。

 答えは、約1億円です。

 何しろ、老後とは、60歳で引退した場合、平均寿命の79歳(男性)、86歳(女性)を考えると
 20年以上あるのです。

 一年で500万円の予算としても、1億円です。

 日本は長寿国になっていますから、医学の進歩とともにさらに寿命は伸びるでしょう。
 これが、「長生きするリスク」なのです。

 一方で、老後の収入として確実な年金支給額を考えてみましょう。
 これは、社会保険庁のページから簡単に試算できますが、
 30代男性なら、年間約170万円です。
 支給開始年齢が65歳ですから、15年支給を受けると2550万円です。

 1億円(老後資金)−2550万円(年金支給額)=7450万円が自分で準備する老後資金となります。

 ここまで読んで、はじめから無理だと諦めないでください。
 
 まずは現実を受け入れて、それから対処すれば、まだ間に合います。

 

***********************************************************************************
  HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双社 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO?
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


Q2 年金の将来について by 日本橋FP 青柳仁子

2009.11.24 Tuesday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************

 皆さんこんにちは

 連休はいかがお過ごしでしたか?
 私は、2日間は仕事でしたが、最終日は少しゆっくりできました。
 久々に買い物に出ると、近所の通りにクリスマスイルミネーションが施され、
 いつもは地味な通りがウソのように華やかでした。

 
 さて、今回は、

 Q2 年金の将来について

 です。

 年金制度は、もともと、明治時代に軍人の方の恩給として始まりました。
 つまり、危険な職業の人に老後の支給を保障したということです。
 国民全員が年金に強制加入ということになったのは、昭和36年からですので、
 比較的歴史は浅いのです。

 詳しい精度と仕組みは著書「ゆっくりお金が増える確かな方法」に書きましたので、是非、
 そちらをご参考ください。

 今回は、簡単に仕組みを紹介して、どう対処するべきかを考えます。
 

 年金制度の実際のお金の流れは、労働世代から徴収した資金はすぐに高齢者世代への支給資金に当てられます。
 毎年、支給されている年金の総額は、35.8兆円(以後、平成21年度参考)で、
 労働世代からの徴収額が23兆円と、この時点で12兆円不足しています。

 そこに、これまでの資金の運用分と国庫負担を含めて支給額をまかなっているのです。
 (厚生労働省、年金財政概要より)

 構図としては、現在働いている人から徴収して、65歳以上の人に支給しているという構図で、
 現状でも徴収額よりも支給額の方が大きいというのに、このまま少子高齢化が進んで徴収金額が減り、
 支給額が増えるとさらに赤字になってしまうということです。

 高齢化も問題ですが、未納者も多くなっていることが更に年金運営状況の悪化に拍車をかけているのです。
 現在の制度では、国民年金は、一律14660円/月です。これは、自営業の方や主婦の方が対象になります。
 そして、会社員は、厚生年金として給料の14.996%(本人負担は半分、残りは企業負担)が会社で徴収されて
 国に支払われています。

 少子高齢化が進む時代に、このままの制度で年金を支払うためには、増税などの対策をして、
 更に国民からお金を徴収しないと維持できないということになるのです。

 すでに、今後は、収める年金の額が平成29年までに段階的に引き上げられ、国民年金は16900円、
 厚生年金は給料の18.3%に改正されることが決まっています。(厚生労働省、「年金財政概要より」)
 
 支払う金額は上がり、支給金額は下がるという傾向にある現状で、私達はどのような対策をすべきでしょうか。

 企業年金や民間の「年金積み立て○○」という類の商品もでてきていますが、運用はあまり芳しくないようです。
 それは、年金のために確実に運用しましょうということで、低いリスクで慎重に運用するため、
 減らない代わりにあまり増えないという状況になってしまうからです。

 自分で年金を作ろうとするときに、何も「年金○○」と唄った投資商品でなくても、計画的な運用は可能です。
 
 それは、20年後、30年後にこれだけ増えればよいという設定を儲けることで、自分なりの年金資金作成計画が
 作れるということです。

 長期で運用すればするほど、投資のリスクは減っていきます。
 また、長期投資であれば、5%程度の利率であっても十分に増やすことは可能です。
 年金対策であれば、尚のこと、長期に渡って計画を立てて運用し、独自の年金を確保しましょう。

 年金制度はなくならないでしょうが、もらえる金額が減る可能性はあります。
 その不足分も含めて、自分年金作りを始めましょう。

 
***********************************************************************************
  Blog 「青柳仁子のFP経営日記」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双社 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


Q3 転職やリストラに備えておくことは? by 日本橋FP 青柳仁子

2009.11.28 Saturday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************
 
 皆さんこんばんは。

 急激な円高でニュースは持ちきりですね。

 しかし、政府介入で急激な変動は防がれるべきで、
 この数日は、明らかに対応が遅れたためだと思います。

 急激な円高は、介入によって落ち着くでしょうが、
 円高基調は続くでしょう。

 将来のために、長い目で考え、落ち着いて対応しましょう。


 さて、本日のテーマは、
 Q3 転職やリストラに備えておくことは?
 です。

 一般的に、現在のお給料の半年分を貯蓄して、
 転職、リストラに備えるのが良いといわれています。

 また、最近では独立する方も増えていますが、
 その場合は、1年分の生活費は準備しておくのが良いでしょう。
 
 「そんなに備えがない」というかた、
 少なくとも年収の10%は貯蓄、
 または運用に使うことをお薦めします。

 万が一の時に経済的な余裕があるということは、
 とても精神的に安心感を得られます。

 社会情勢が不安定な今、やはり、頼れるのは自分なのです。
 
 現在の収入から10%貯蓄に回したら、
 年間にいくら貯まりますか?
 そして、それを運用したら?

 何があっても生活できる、
 経済力を今から準備しておきましょう。

***********************************************************************************
  Blog 「青柳仁子のFP経営日記」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 個別相談、セミナー申し込み、随時受付中!!
 お申し込み、詳しい情報は下記ホームページより

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


Q4 賢いやりくりって? by 日本橋FP 青柳仁子

2009.12.02 Wednesday


 ******************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

*****************************************************

皆さん、こんばんは。

いよいよ師走になりました。
街はクリスマスに向けて、イルミネーションが
盛り上がっていますね。

どこに行ってもキラキラと綺麗な時期で、
私はとても好きです。


さて、年末年始と出費がかさむとの心配をされている、
あなたへ。
今日は、

Q4 賢いやりくりって?

という疑問です。

お金を貯めるゴールデンルールは、
収入以上に使わないということです。

「あたりまえじゃないか!」
とお叱りの声が聞こえそうですが、
現状で、毎月の収入と支出のバランスは取れていますか?

収入の10%を貯蓄に回すことが理想的ですが、
それには、毎月の支出を把握する必要があります。

そこで、家計の財務諸表を作ることをお薦めします。
財務諸表といっても難しい話ではありません。
支出とその内訳を明確にして、
手残りがいくらあるのか計算するのです。

例えば、
家賃 100000円
保険料 10000円
水道代 ・電気代・携帯費・通信費・食費・交際費・・・・・・

分類はもっと簡単でも構いません。
とにかく書いてみることです。

そうすると、
以外に手残りが少ないことが分かると思います。

一体何に使っているんだろう?
「記憶にございません」状態ですね。

その無駄を省き、投資運用にまわせたら、
もっともっと自由に使えるお金が増えるということです。

最後に、簡単にできるかしこい方法をお教えしましょう。

収入があったら、
その10%は将来の備えとして別口座に分けておくのです。

そして、決して投資以外は使わないこと。

意外と、収入の10%がなくても
生活に困ったりはしないものですよ。

ちなみに、今まで貰ってきた収入総額の
10%が残っていたらいくらになりますか・・・?

気づいた方は、早速始めてください。無理せず、
収入の10%だけ、です。

これは、「バビロンの大富豪」という
伝説のベストセラーで書いてある教えです。

興味のあるかたは、原作を参考にしてください。

******************************************************
  Blog 「青柳仁子のFP経営日記」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。
 

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

*****************************************************


Q5 損してしまう心理とは? by 日本橋FP 青柳仁子

2009.12.06 Sunday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************
 
 皆さん、こんばんは。

 最近は、夜中に更新することが多いメルマガです。
 携帯で登録されている方は、夜中にメールすることになってしまい、
 申し訳ありません。

 さて、本日は、
 Q5 損をしてしまう心理とは?
 という疑問です。

 投資にはどんな感情よりも合理性が大事です。
 
 損をしてしまう人は、多くの場合が感情で売買しているケースです。
 
 人から聞いたり、ニュースで聞いたりして
 「何となく上がりそうだから買おう」という場合です。

 ところが、買ったとたんに価格が下がったりします。
 それは、同じようにたくさんの人が買っていて、
 一番高いときに買ってしまうからです。

 そして、明確な根拠なく買っているので、
 売るタイミングも明確な根拠がなくなってしまい、
「今売ったら損だから、もう少し持っていよう」
 と損切りができない場合がほとんどです。

 この場合、売ってしまうと損がはっきりと出ますが、
 持っている間は含み損なので現実には見えない。

 現実逃避をし続けて、
 しまいには二束三文でしか売れなくなるのです。
 
 以上は感情で投資した場合ですが、
 利益を出している人は違います。

 買う際にも過去のデータを調べて
 上がった時の理由と下がるタイミングを知るのです。

 そして、上がる根拠を持って買う。
 さらに、下がった場合にも、
 いくらまで下がったら売ると事前に決めておきます。
 
 例えば、10%下がったら売るなどのように、
 客観的に決めるのです。

 このとき、「もう少ししたら上がるかも」という感情は殺して、
 決めたルールに従って売るのです。
 
 この損切りができるかどうかが、
 投資で損するか、利益を出すかの重要な境目なのです。

 かく言う私も、過去には失敗した経験があります。

 新入社員で入社した会社の株を
 持ち株会で給料天引きで買っていたのですが、
 今思えば、それが最高値!!

 その後株は分割を繰り返し、株数は増えたものの、
 業績は下がり、株価はあっという間に半分に、
 そして、今では見るも無残な状態です。

 勤めていた会社で思い入れがあったために、
 客観的な判断ができずに、売れなかったのです。

 この経験から、
 「感情で投資を判断する」恐さは十分に学びました。

***********************************************************************************
  Blog 「青柳仁子のFP経営日記」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


Q6 投資で成功する人の特徴とは? by 日本橋FP 青柳仁子

2009.12.19 Saturday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************
 
 皆さんこんばんは。

 今回はメルマガ配信が遅れてしまい、大変申し訳ありません。
 3の倍数の日にちに発行することを目指しているのですが、
 出しそびれてしまいました。ご容赦ください。

 さて、今年もあと残すところ20日となりました。
 悔いの残らないように、一日一日をしっかり生きたいですね。

 本日は、
 Q6 投資で成功する人の特徴とは?
 という質問です。

 実際は、皆さんとほとんど変わらない人ばかりです。
 特殊な能力があるとか、勘が抜群にいいとかいうことはないのです。

 では、何が違うかというと、「知識と経験、それと少しの勇気」です。

 投資をする上では、データ収集が欠かせません。
 そして、それを読み解くことも必要です。
 それは、どういったデータが必要かという知識、
 それが経済世界でどのように作用するのかという知識です。

 それから、実際に投資を行って知る経験です。
 何でもそうですが、経験しないと分からないことというのは
 たくさんあります。

 実際に、投資で成功している人も、
 最初から全部うまく言っているわけではなく、
 時には失敗をしながら経験を積んでいくのです。
 
 ただし、失敗をしても被害は最小限にとどめるのもポイントです。  

 最後に、少しの勇気が必要です。
 勇気とはどういうことがというと、儲かる投資というのは、
 ほとんどの場合が、世間より先駆けて、
 まだ大部分の人が注目していないときに投資するから儲かるのです。

 皆が投資先として考えるようになってからでは遅いことが多々あります。

 その場合に、自分で判断して大部分の人が良しとしなくても
 投資できるかどうか。その勇気が必要です。

 こう書くと、難しく見えるかもしれませんが、
 以上の努力を少しずつ積み重ねた人がプロということになります。
 
 ですから、儲かっている人は、知識と経験もありますが、
 プロに任せる勇気もあります。

 自分で納得のいくプロを選んで運用を託しているというのは、
 ほとんどの投資成功者で見られる傾向です。

***********************************************************************************
  Blog 「青柳仁子のFP経営日記」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


Q7世界はこれからどうなるのですか? by 日本橋FP 青柳仁子

2009.12.19 Saturday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて 日本橋FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************

 皆さんこんばんは。
 
 鳩山政権が揺れに揺れていますが、
 そんな中でも、私たちは地に足を着けて
 振り回されないようにしましょう。

 今回は、
 Q7 世界はこれからどうなるのですか?
 という質問です。
 
 今後は、更に多極化が進むと考えられます。

 ブレトンウッズ体制から続いてきた、ドルの基軸通貨としての強さに
 かげりが見え始めました。
 
 基軸通貨とは、原油などのエネルギー取引にドルが使われるので、
 世界各国がドルを保有し、使うという仕組みになっている
 ということです。 

 もちろん、ドルは世界の基軸通貨として残っていくと思いますが、
 それを背景にしたアメリカの影響力は弱まるのではないかと思います。

 そして、中国、インド、ロシアなどの新興国の発展により、
 世界経済は影響力を持つ国が増えました。

 ブラジルでオリンピック開催が決まるなど、
 アメリカ、ヨーロッパが中心だった世界経済に、ロシア、南米、
 中東などの新たな軸が加わって、より多角的な展開が予想されるのです。

 そして、世界がグローバル化すればするほど、発展し続ける国が増え、
 市場参加者が増え、経済は複雑化します。

 これほどに相互に依存しあう世界経済は、
 昨年のアメリカにおけるリーマンショックが全世界に影響しているように、
 一国で起きたことが瞬く間に世界経済に反映されます。

 それによって、より予測困難な状況になっていくことでしょう。
 
 ますます、初心者が自分の判断で投資をするのが、
 難しくなっていきますね。

***********************************************************************************
  Blog 「日本橋FP青柳仁子の月々2万円で始められる資産づくり 
      老後までにゆっくり1億つくろう投資ブログ」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


【投資の疑問Q&A100】 Q8 これから物価はどうなりますか?

2009.12.31 Thursday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************
 
 親愛なる皆様こんにちは。
 
 鳩山政権が連日報道されておりますが、
 安心できる要素があまりないことが、
 とても気になりますね。

 来年は良い年になるように、
 政府に頼るのは難しいようです。

 賢明な私たちは、
 自らが考え、明るい未来を作りましょう。

 さて、今回は、
 Q8 これから物価はどうなりますか? 
 という質問です。

 日本はデフレと言われていますが、
 世界は?どうなのでしょうか。

 実は、世界の物価動向を見ると上昇しています。

 世界経済が発展し、新興国の開発が進むとそれによって新興国の給料が上がり、
 所得が上がり、消費需要が高まります。

 消費需要とは、生活に必要なものをどんどん購入するということです。
 日本でも高度経済成長期には、家電製品が急速に普及しました。
 同じことが、世界各国で繰り返されるのです。

 その結果、新興国で人件費を抑えて物を作っていたメーカーなどは、
 給料が上がることで費用が増します。費用が上がれば、当然価格も上がります。
 その結果、製品価格が上昇します。
 
 このように、世界が発展し、生活水準が上がり、人口が増えれば、
 物価は上昇するという傾向にあるのです。
 
 裏返して言うと、人口が増えて、その分物の消費が増えると、
 世界の資源は有限なので物不足が発生します。その結果、需要に対して、
 供給が追いつかないという典型的な物価上昇のメカニズムに陥るのです。
 
 食料や工業の原材料のほとんどを海外からの輸入に頼っている日本では、
 このような物不足の時代になると物価が上がりやすいという構造になっています。
 
 原材料を持っている国は、需要が高くなって値段が上がれば潤いますが、
 それを高い値段で仕入れて物を作る、または消費する国は、
 自給自足に切り替えるしかなくなるからです。

 日本は、円高が続いているため、デフレで物価が下がると懸念していますが、
 輸入額が円高で抑えられているからです。

 急な円安になれば食料価格も上がり、より生活は厳しくなるでしょう。                 

 世界は、どんどん発展しています。特にエネルギー不足は深刻な問題として、
 世界的にも懸念されているのです。
 それほど悲観することは無いのですが、経済発展が続く現状では、
 長期で考えると物価は上昇するでしょう。

***********************************************************************************
  Blog 「日本橋FP青柳仁子の月々2万円で始められる資産づくり 
     老後までにゆっくり1億つくろう投資ブログ」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


 【投資の疑問Q&A100】 Q9 国が財政破綻をすると私達の生活はどうなるのですか?

2009.12.31 Thursday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************

 親愛なる皆様、こんにちは。

 2009年も今日で終わりですね。
 一年を振り返ってみて、いかがでしたか?

 私は、これまでで最も充実した一年を過ごすことができました。
 出会った方全員に感謝の気持ちで一杯です。
 
 来年もどうぞよろしくお願いします。

 さて、今年最後のメルマガは、
 
 Q9国が財政破綻をすると私たちの生活はどうなるのですか? 
 
 という質問です。

 国家破綻とは、恐いですね。
 でも、実際にこれまでの世界の歴史では、起こっているのです。
 
 これまでの国家破綻の例は、アルゼンチンとトルコ、ロシアが有名です。
 
 こういった国では、ハイパーインフレ、デノミ、預金封鎖ということが行われました。
 
 まず、ハイパーインフレは、ロシアで7000%という驚異的な数字が残っています。
 つまり、物価が7000倍になるということです。
 貨幣の価値が7000分の1になったと言っても同じです。
 例えば、100円で売られていたのものは、700000円ないと買えなくなるということです。
 ちょっと信じ難いですが、実際に記録されていることです。

 次に、デノミは、通貨価値の切り下げです。
 国が、通貨の価値を一気に下げてしまうことで、例えばロシアでは、
 1000分の1に通貨価値を切り下げてしまいました。
 その結果、かつての1万円は10円の価値になってしまいました。
 
 この二つによって、ロシアのお金持ちが一瞬で貧困層になったと言われています。

 確かに、1億円持っていても、インフレとデノミによって
 資産価値は1万円以下になってしまします。

 更に、預金封鎖も起こり得ます。
 預金封鎖とは、銀行が封鎖されて預金が下ろせなくなり、国家に没収されるのです。

 ここまでくると、破綻以前にお金持ちだろうが貧乏だろうが
 全く変わらない状況になります。つまり、国民総貧困層になるということです。

 破綻後にお金持ちになれる人はどういう人かというと、
 前述の歴史から実証されているのは、自国通貨に依存していない人たちです。

 インフレ、デノミ、預金封鎖は、破綻国家内で行われますから、
 当時のロシアで、ドル建て資産を海外に持っていた人は、
 逆に一瞬で大金持ちになれたといいます。

 日本が破綻すると言うことも、今の状況では可能性としてはあります。
 何が起こっても資産を守るという意味では、
 資産のポートフォリオの中に外貨建て資産を海外に持っておくのが、
 懸命な策であると言えます。

***********************************************************************************
  Blog 「日本橋FP青柳仁子の月々2万円で始められる資産づくり 
     老後までにゆっくり1億つくろう投資ブログ」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************


【投資の疑問Q&A100】 Q10 短期投資と長期投資ではどちらが有利ですか?

2010.01.11 Monday


 ***********************************************************************************
  HITO.CO株式会社 投資の疑問 Q&A100

 このメールマガジンは、知っているようで知らない、
 聞きたくても誰に聞いたらいいかわからない、
  そんな疑問を集めて FP青柳がお答えするものです。

  過去のメルマガは、こちらから
 http://mailmaga.hitoco.jp/

***********************************************************************************

 親愛なる皆様、こんにちは。

 今年最初のメルマガです。
 本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 さて、ご挨拶周りも終わり、
 いよいよ本格的に業務開始という方も多いと思います。

 今日は、鏡開きです。
 年末から飾った鏡餅を食べて、
 一年の無事をお祈りしましょう。

 では、本日の質問です。
 Q10 短期投資と長期投資ではどちらが有利ですか? 
 という質問です。

 よくいただく質問ですが、投資の鉄則からすると、
 『時間を味方にする』ことは必須です。

 著書にも何度か書いておりますが、
 投資成功の秘訣は、「分散、長期、プロに任せる」です。
 
 短期で利益を上げる投資を投機とも言いますが、
 市場において短期で利益を出し続けるのは至難の業です。
 
 統計を見てもそれは明らかです。
 例えば株価チャートを見ても、一日の値動きに一貫性は無くても、
 1週間、1ヶ月、半年、一年と期間を長く見れば見るほど
 その株の動きの傾向が分かるはずです。

 「敗者のゲーム」という著書の中で、チャールズ・エリス氏は、  
 期間と予想の関係について、投資データ分析を天気のデータ分析に例えて言っています。

 それは、毎日の天気は正確には予測不可能だが、
 長期で見ると年毎、月毎の天候パターンは予測可能だということです。

 同書では、30年の株式市場の歴史の中で、
 値上がり率の30%は僅か5日間の間に起こったと言っています。
 
 つまり、株式投資において利益を狙うには、この5日を逃すと、
 他の約1000日間はほとんど意味が無いということになるのです。
 
 このように、同じリスクを取るのであれば、
 短期よりも長期の方が有利であると言えます。

 従って、投資を行う上では、長期の投資にすることで、
 短期的な値動きのリスクを吸収することができ、
 より有利に運用することが可能なのです。

***********************************************************************************
  Blog 「日本橋FP青柳仁子の月々2万円で始められる資産づくり 
     老後までにゆっくり1億つくろう投資ブログ」
 http://ameblo.jp/hitoco-fp

 HITO.CO ホームページ
  http://www.hitoco.jp
  資料請求、セミナー情報、
  各種ご相談もホームページよりお申し込みいただけます

  青柳仁子の最新著書
  「ゆっくりお金をふやす確かな方法」無双舎 1200円
  も発売中です。

  HITO.CO株式会社
  東京都中央区日本橋横山町3-4-403
  TEL:03-6804-9697
  FAX:03-6804-9150

  メール配信停止はこちらから
  http://www.hitoco.jp/merumaga.html

***********************************************************************************